AR活用、縄文の魅力発信 世界遺産、さらなる集客へ

 垣ノ島遺跡の竪穴住居跡地でスマホに映し出されたARで再現された住居=2022年12月、北海道函館市
 垣ノ島遺跡の竪穴住居跡地でスマホに映し出されたARで再現された住居=2022年12月、北海道函館市
2021年7月に世界文化遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」の集客が伸び悩んでいる。登録直後は大幅に増えたが、その後は新型コロナウイルス禍の影響で不安定な状態が続く。一過性のブームで終わらず「何度も来たいと思える場所に」。自治体や.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録