Free週間ダイジェスト(1月1日~1月7日)

▽金濱氏が出馬意向
 4月9日投開票の青森県議選八戸市選挙区(定数8)を巡り、元県立高教諭で一般社団法人代表理事の金濱亨氏(34)が1日、無所属で出馬する意向を明らかにした。

 ▽南郷ジャズフェス開催へ
 八戸市南郷地区の夏の風物詩「南郷サマージャズフェスティバル」について、南郷ジャズフェスティバル実行委員会は1日、4年ぶりの実施に向けて準備を進めていることを明らかにした。

 ▽箱根駅伝、田澤(八戸市出身)が力走
 2日に行われた東京箱根間往復大学駅伝の往路で、駒大の田澤廉が各校エース級のランナーが集まる“花の2区”に3年連続で挑んだ。

 ▽Uターンラッシュがピーク
 年末年始を古里で過ごした人たちのUターンラッシュが3日、ピークを迎えた。JR八戸駅は午前中からスーツケースや土産袋を手にした家族連れや、見送りの親戚らで混雑した。

 ▽再開まで半年から1年
 昨年12月に発生した三沢市の高病原性鳥インフルエンザについて、青森県は4日、発生養鶏場の事業再開までに半年から1年程度かかるとの見通しを示した。

 ▽高清水小を東小に統合へ
 十和田市の小山田久市長は4日の年頭会見で、市立高清水小を市立東小に統合する方針を明らかにした。市教委によると、2025年4月の統合を目指している。

 ▽宮下むつ市長、知事選出馬へ
 6月に任期満了を迎える青森県知事選で、むつ市長の宮下宗一郎氏(43)が出馬の意向を周辺に伝えていることが5日、関係者への取材で分かった。近く正式表明する見通し。

 ▽フォーラム八戸が閉館
 八戸市内唯一の映画館「フォーラム八戸」が5日、閉館。営業最終日は、市内外から多くの家族連れらが足を運び、設立に携わった関係者が見届ける中、19年余りの歴史に幕を下ろした。

 ▽八戸第2魚市場で初売り
 八戸市第2魚市場で5日、2023年の初売りが行われた。定置網船6隻がタラやサバなど33・1トン(前年比5%減)を上場。総額1367万円(同12%減)で取引された。

 ▽県立、過去最低0・94倍
 青森県教委は5日、3月に県内の中学校を卒業する生徒の進路志望状況第2次調査(2022年12月13日現在)の結果を公表した。卒業予定者9915人のうち、県立高全日制課程への志望者数は6880人。募集人員7325人に対する志望倍率は0・94倍で過去最低となった。

お気に入り登録