“八戸愛”が試される? 郷土かるた大会で熱戦

真剣に札を取り合う子どもたち
真剣に札を取り合う子どもたち
八戸市青少年健全育成「愛の一声」市民会議(浮木隆会長)が主催する、新春恒例の「はちのへ郷土かるた大会」が6日、市総合福祉会館で開かれた。市内の小学校、子ども会などから参加した7チーム、66人が熱戦を繰り広げた。 大会は郷土への知識を深め、古.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録