米、きしむ民主主義 「暗黒の日」傷癒えず/下院議長選決着

 7日、米ワシントンで演説するマッカーシー議員(ゲッティ=共同)
 7日、米ワシントンで演説するマッカーシー議員(ゲッティ=共同)
米下院は6日深夜から7日未明にかけて共和党マッカーシー議員の議長選出にこぎ着けた。トランプ前大統領に近い議員が造反を繰り返し、米政治の分断と民主主義のきしみを際立たせた。6日はくしくも2020年大統領選の結果を覆そうとしたトランプ支持者によ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録