出生80万人割れに危機感 「待ったなし」反転なるか/子育て支援強化

 出生数の推移
 出生数の推移
2022年の出生数が初めて80万人割れの見通しとなる中、岸田文雄首相は子育て支援策強化を議論する新たな会議体の設置を指示した。政府は約30年間にわたって、相次いで子ども施策を打ち出してきたものの、少子化の流れは止まらない。首相は危機感から「.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録