コロナ薬、用途拡大に意欲 塩野義社長、発症予防も

 インタビューに答える塩野義製薬の手代木功社長
 インタビューに答える塩野義製薬の手代木功社長
塩野義製薬の手代木功社長(63)は5日までに共同通信のインタビューに応じ、新型コロナウイルス感染症の飲み薬ゾコーバについて、感染者の治療に加え、同居家族の発症予防の効果を検証すると明らかにし、用途の拡大に意欲を示した。近く日本や米国を中心に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録