防衛装備輸出、指針改定へ 殺傷力ある武器解禁が焦点

 政府が検討する装備品輸出拡大のイメージ
 政府が検討する装備品輸出拡大のイメージ
政府は、防衛装備品の輸出ルールを定めた「防衛装備移転三原則」の運用指針を4月以降に改定する。昨年末に決定した新たな国家安全保障戦略で、装備品輸出を防衛協力の「重要な手段」と意義付けたことに伴い、具体化を図る。武力侵攻された国などを対象に、殺.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録