一戸町が電気自動車導入 風力発電合同会社の寄付活用

石井雅之部長(左から2人目)と白戸敏則部長(同3人目)から、電気自動車を引き渡される小野寺美登町長
石井雅之部長(左から2人目)と白戸敏則部長(同3人目)から、電気自動車を引き渡される小野寺美登町長
一戸町は昨年12月27日、町内などに風力発電所を整備した「合同会社JRE折爪岳南1」(東京)から、地域貢献の一環で寄付を受け、電気自動車(EV)1台を導入した。公用車として使うほか、災害時の避難所の電源確保や各種イベントでも活用する予定だ。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録