【ウクライナ侵攻】相次ぐ停電、工夫で対抗 真冬の首都市民、意気軒高

 ロシアによるインフラ攻撃で停電が起き、明かりが奪われたウクライナの首都キーウ。気温が氷点下となりドニエプル川(手前)には氷が張っていた=2022年12月19日(共同)
 ロシアによるインフラ攻撃で停電が起き、明かりが奪われたウクライナの首都キーウ。気温が氷点下となりドニエプル川(手前)には氷が張っていた=2022年12月19日(共同)
ロシアによるインフラ攻撃で連日のように停電が起きているウクライナの首都キーウ(キエフ)。明かりと暖かさを奪われるなど、真冬の生活を直撃するが、市民は工夫を重ねて乗り切ろうとしている。厭戦(えんせん)機運の高まりが狙いとされるロシアのもくろみ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録