時評(1月5日)

世界の平和秩序を根底から揺さぶったロシアのウクライナ侵攻は10カ月以上たっても収束せず、越年した。民間施設への攻撃では、取材に当たる日本人記者も負傷、都市部に及ぶ戦争の現実を思い知らせた。 ウクライナの西側志向を阻むため武力で政権打倒を図っ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録