【三沢の鳥インフル】発生養鶏場の再開、半年から1年見込む 卵の流通は「大きな支障ない」

昨年12月に発生した三沢市の高病原性鳥インフルエンザについて、青森県は4日、発生養鶏場の事業再開までに半年から1年程度かかるとの見通しを示した。養鶏場の規模が大きく、環境検査などに時間がかかるためで、県畜産課の村井孝生課長は「県畜産業にとっ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録