犯罪被害者支援に地域差 青森県内、自治体の条例制定低調 見舞金は弘前、藤崎のみ

自治体の制定状況
自治体の制定状況
殺人や傷害事件などの犯罪被害者を経済的に支援する条例制定が青森県内の自治体で進んでいない。本紙取材によると、被害者側への見舞金給付を含めた条例を制定するのは弘前、藤崎の2市町のみ。一方で7割に上る28市町村が条例制定について「検討もしていな.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録