【箱根駅伝】父のような恩師と有終の美 駒大田澤(八戸出身)、3冠遂げ世界へ

 往路優勝を果たしガッツポーズする駒大の(左から)大八木弘明監督、1区の円健介、2区の田沢廉、3区の篠原倖太朗、4区の鈴木芽吹、5区の山川拓馬=2日、神奈川県箱根町
 往路優勝を果たしガッツポーズする駒大の(左から)大八木弘明監督、1区の円健介、2区の田沢廉、3区の篠原倖太朗、4区の鈴木芽吹、5区の山川拓馬=2日、神奈川県箱根町
集大成の舞台で有終の美を飾った。3日終了の東京箱根間往復大学駅伝。駒大4年の田澤廉(八戸・是川中―青森山田高出)は「父親みたいな存在」と慕う大八木弘明監督の下、悲願の大学駅伝3冠を遂げた。3月限りで退任する恩師を笑顔で胴上げし「特別な思いが.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録