水揚げ回復、道半ば アブラメ稚魚提供5年目 青森県栽培漁業振興協、増産強化

アブラメの成魚。上が雄で下は雌(青森県栽培漁業振興協会提供)
アブラメの成魚。上が雄で下は雌(青森県栽培漁業振興協会提供)
青森県栽培漁業振興協会(階上町)が県内沿岸の根魚としてなじみの深いアブラメ(アイナメ)の資源回復に向け、2018年に漁協などへ稚魚の提供を手がけて2023年で5年目を迎える。順調に生産量を伸ばしているが現時点で漁業の水揚げ増には至らず、道半.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録