関東大震災後の復興活写 収集家が古写真発掘 首都再建、貴重な記録

 青山通り。現在の衆参両院議長公邸の辺りから、市電が走る赤坂見附交差点を撮った。中央遠景に堀の水面が写っている。復興事務局の「帝都復興事業誌 土木編」によると、1924(大正13)年12月にはまだ着工されていないため、撮影はそれ以降だ
1923(大正12)年9月1日に起きた関東大震災から2年前後を経た時期に、復興が進む東京の都心や下町を撮影した古写真が、4日までに見つかった。10万人以上の犠牲者を出した大惨事から立ち直り、首都再建に取り組む工事の様子などを活写した貴重な記.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録