本紙連載小説が単行本に 薬丸岳さん「罪の境界」

薬丸岳さんの小説「罪の境界」
薬丸岳さんの小説「罪の境界」
2020年10月から翌年10月まで本紙文化面に掲載した薬丸岳さんの小説「罪の境界」が単行本化され、幻冬舎から刊行された。 主人公は、スクランブル交差点で起きた無差別通り魔事件の被害者となった女性・明香里。心身に傷を負った彼女は、身代わりにな.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録