電波時計発売30年、定番に 誤差「10万年に1秒」

 シチズン時計が日本企業として初めて発売した電波時計
 シチズン時計が日本企業として初めて発売した電波時計
シチズン時計が1993年5月に日本企業として初めて電波時計を発売してから、今年で30年になる。時刻の誤差が「10万年に1秒」という電波を受信して表示する正確さが人気で、他の国内メーカーの開発も相次ぎ日本市場で腕時計の定番となった。シチズンの.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録