23年世界経済、低成長に 米利上げ、中国感染拡大 IMF「厳しい年」

 講演するIMFのゲオルギエワ専務理事=2022年7月、東京都内
 講演するIMFのゲオルギエワ専務理事=2022年7月、東京都内
【ワシントン、北京共同】2023年の世界経済は、ロシアのウクライナ侵攻や物価高による影響が続き各国で低成長に陥る恐れが強まっている。経済をけん引してきた米国は利上げにより景気後退懸念が高まっているほか、中国も新型コロナウイルス感染拡大の影響.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録