【変容の先に コロナと社会】感染対策、デジタル化 模索続く教育現場

静かな給食の時間。新型コロナウイルスの流行で、学校ではいまだ黙食が続く=2022年12月、八戸市立多賀小学校
静かな給食の時間。新型コロナウイルスの流行で、学校ではいまだ黙食が続く=2022年12月、八戸市立多賀小学校
「いただきます」。日直の号令を受けてあいさつし、ようやくマスクを外す。全員が黒板の方を向いて、黙々とスプーンを口に運ぶ。会話はほとんどない。 にぎやかだった給食の時間は、新型コロナウイルスの流行で一変。静かな「黙食」が定着して久しい。文部科.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録