鳥インフル過去最多 23道県で計54例確認

 養鶏場などで鳥インフルエンザ感染が確認された23道県
 養鶏場などで鳥インフルエンザ感染が確認された23道県
農林水産省は3日、千葉県と福岡県で高病原性鳥インフルエンザの感染が新たに確認され、2022年秋に始まった今シーズンの国内発生事例数が野鳥の感染を除いて23道県の計54例となり、過去最多を更新したと発表した。これまでの最多は20年11月~21.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録