学童保育充実へモデル事業 「子ども教室」と一体化進める/厚労省

 学童保育の機能向上のイメージ
 学童保育の機能向上のイメージ
共働き世帯の小学生を預かる放課後児童クラブ(学童保育)の充実を目指し、厚生労働省は学童保育と「放課後子ども教室」との一体化を進めている。一体運用の拡大に向けたモデル事業を始め、対策を強化。子どもの学びや遊びの機会を増やすことを狙う。 女性の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録