【変容の先に 社会とコロナ】連携深化、変わる医療機関 未曽有の危機から教訓

いまだ続くコロナ禍。感染者の治療やワクチン接種など、医療機関の奮闘が続く=2022年12月下旬、八戸市
いまだ続くコロナ禍。感染者の治療やワクチン接種など、医療機関の奮闘が続く=2022年12月下旬、八戸市
「1週間前からせきが続いている」「新型コロナウイルスの検査をしたい」。医療法人豊仁会が運営する八戸城北病院には連日、八戸市内外から患者が訪れる。 かかりつけ医がいない、いつもの病院で検査ができない―。その多くは、いわゆる「検査難民」だ。 発.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録