「希望持って歩む年に」 陛下、国民の苦労いたわり

 新年を迎えられる天皇ご一家=2022年12月23日、皇居・御所(宮内庁提供)
 新年を迎えられる天皇ご一家=2022年12月23日、皇居・御所(宮内庁提供)
天皇ご一家は1日、新年を迎えられた。天皇陛下は宮内庁を通じて感想を公表し、新型コロナウイルス禍での国民の苦労をいたわり、世界の戦争の犠牲に「深い悲しみ」を表明した。その上で「新しい年が、わが国と世界の人々にとって、希望を持って歩むことのでき.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録