【変容の先に 社会とコロナ】戻る笑顔、消えぬ不安 「共生」と出口模索

3年ぶりに新型コロナウイルスに伴う行動制限のない年末年始。人が行き交う駅に喜びと葛藤が交錯した=2022年12月29日、JR八戸駅
3年ぶりに新型コロナウイルスに伴う行動制限のない年末年始。人が行き交う駅に喜びと葛藤が交錯した=2022年12月29日、JR八戸駅
新型コロナウイルスで国内初の感染例が確認されたのは2020年1月。未曽有の感染症は変異を重ね、流行を繰り返し、3年を経た今は第8波のさなか。市民の警戒、医療関係者の奮闘が続く。一方、広がるのは「コロナとの共生」という意識。リスクに適応しなが.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録