米利上げ急旋回、波乱招く 海外景気懸念で視界不良/大納会と22年の円相場

 円相場の推移(対ドル)
 円相場の推移(対ドル)
2022年の金融市場は、世界的なインフレで米国が利上げへと急旋回し、外国為替相場で歴史的な円安が進行するなど波乱の1年となった。23年は米国や欧州の景気後退が懸念され、株価の下落が一段と進む可能性もあり、先行きは視界不良だ。 ▽想定外 「と.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録