紡ぐ歴史、続く物語 八戸・森のおとぎ会100年目

おとぎの桜の下で開かれる「森のおとぎ会」。歩み始めてから、100年目を迎える=2008年
八戸市の長者山新羅神社で夏休みの早朝に開催される「森のおとぎ会」が今年、100年目を迎える。 1924(大正13)年、八戸を襲った大火に胸を痛める子どもたちを元気付けようと、お話会を開いたのが始まり。これだけ息の長い取り組みは全国でもまれだ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録