【三陸復興国立公園指定10年】観光面、高まる役割 保護と利用の両立課題

東日本大震災からの被災地再生のシンボルとなった三陸復興国立公園は、2013年5月24日に誕生した。種差海岸・階上岳地域を陸中海岸国立公園(久慈市―宮城県気仙沼市)に編入し、宮城県松島までを段階的に再編。八戸市の種差海岸は三陸の「北の玄関口」.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録