リンゴの枝から“ご当地和紙” 八戸冬季国体の表彰状に

熊谷雄一市長(前列左から2人目)にリンゴの剪定枝を使った表彰状の完成を報告した廣瀬孝会長(前列左)ら=16日、八戸市庁
熊谷雄一市長(前列左から2人目)にリンゴの剪定枝を使った表彰状の完成を報告した廣瀬孝会長(前列左)ら=16日、八戸市庁
来年1月28日から八戸市と南部町で開かれる特別国体冬季大会スケート・アイスホッケー競技会で、青森県内のリンゴの剪定(せんてい)枝を主原料とした表彰状が使用される。弘前大などでつくる研究会が三菱製紙八戸工場の協力を得て制作。地元の資源を再利用.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録