【東北総体IH】青森、攻守で宮城圧倒 冬季国体へ弾み

青森が10点差で宮城を下し、3年ぶりに地元で開催される国体冬季大会に弾みを付けた。尾野貴之監督は「最後の時間帯の失点など課題もあったが、選手たちは判断が良く、泥くさいプレーもできていた」と手応えを語った。 試合開始19秒で先制すると、第1P.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録