工大一高、延長制し喜び爆発/アイスホッケー県選手権

工大一高が激しい点の取り合いを制し、2009年以来の県選手権Vを果たした。延長3分10秒、佐々木清吉が決勝ゴールを相手ゴールにたたき込むと、ベンチメンバーも氷上に飛び出し、馬乗りになって喜びを爆発させた。佐々木は「高校3年間で吉田産業には勝.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録