視覚障害者のサポート学ぶ 六戸小児童、ガイドヘルプ体験

アイマスクを着けたクラスメイトの歩行を誘導する児童
アイマスクを着けたクラスメイトの歩行を誘導する児童
六戸町立六戸小(山内亮悦校長)の4年生30人が21日、同校でアイマスク・ガイドヘルプ体験に臨んだ。目隠しをして視覚障害者の歩行を疑似体験し、安全に誘導するための接し方を学んだ。 町社会福祉協議会(田中孝雄会長)の出前講座の一環。子どもに、福.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録