【黒田の視点】三笘投入が攻撃の合図 日本―ドイツ戦/サッカーW杯

黒田の視点
黒田の視点
1993年、日本代表が悔しさを味わったドーハの地で、選手としてピッチに立っていた森保一監督が、監督として強豪ドイツ相手に勝利をつかんだのは感慨深い。J1広島で3バックの戦術を用いてリーグ連覇を達成し、その戦術を生かして教え子が世界の舞台で決.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録