【サッカーW杯】ドイツ戦、ロングボールで活路 後半布陣変更の日本

 相手守備ラインの背後でパスを受けた回数
 相手守備ラインの背後でパスを受けた回数
日本がドイツに逆転勝ちできたのは後半に戦術をがらりと変えたからで、それが数字にも表れた。国際サッカー連盟(FIFA)の分析から、日本が布陣を変更した後半に長めのパスを効果的に使って活路を開いた様子が浮かび上がる。前半はシュートを1本しか打て.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録