「譲歩」で野党取り込み 成立優先、溝埋まらず 被害者救済新法で自民

 救済新法を巡り自民が新たに提示した項目
 救済新法を巡り自民が新たに提示した項目
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害者救済新法の調整で、自民党が一部譲歩の姿勢を見せた。寺田稔前総務相更迭により国会日程が狂い、今国会成立を優先するため野党を取り込みたい意向だ。ただ、マインドコントロール(洗脳)下の寄付規制を求める立憲.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録