時評(11月25日)

エジプトで開かれた国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)が閉幕した。会期を2日延長した厳しい交渉の末、気候変動で発展途上国に生じた「損失と被害」に対する基金を創設するという合意にこぎつけた。 しかし、会議の大きな焦点だった対.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録