改革の目玉、難題は財源 新たな負担巡り反発懸念/全世代型社会保障

 政府が重視する三つの財源議論
 政府が重視する三つの財源議論
政府が社会保障改革の目玉に据える子育て支援拡充の財源確保が見通せなくなっている。支持率が低迷し閣僚の辞任が相次ぐ中、国民や経済界の反発を招く恐れのある負担増に踏み込めないでいるためだ。財源論は来年以降に先送りされることが確実で、先行する防衛.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録