遺跡調査の成果を披露 是川縄文館で報告会/八戸

笹ノ沢(6)遺跡について調査結果を報告する上ノ山拓己学芸員
笹ノ沢(6)遺跡について調査結果を報告する上ノ山拓己学芸員
八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館(工藤朗館長)は12日、同館で2022年度遺跡調査報告会を開いた。市民ら約50人が集まる中、特に成果のあった同市の松ケ崎遺跡(大館地区)、一王寺遺跡(是川地区)、笹ノ沢(6)遺跡(上長地区)、八戸城跡(三八.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録