【月刊Dash】パックキープが武器の仕事人/石ケ森千隼(工大一高)

石ケ森千隼
石ケ森千隼
センターを主戦場とし、豊富な運動量とフィジカルを生かしたパックキープを武器とする前線の“仕事人”。「アイスホッケーはパック支配率が重要。アタッキングゾーンでパックを保持することで味方のチャンスを多く演出するのが自分の役目だ」と自負する。 3.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録