デフレ突入、経済の転機に 公的資金投入の時期検証を/核心評論「山一証券破綻25年」

四大証券の一つだった山一証券が自主廃業を決めてから24日で、25年がたった。平成の金融危機を象徴する事案であり、これを機に景気の悪化が加速して、物価下落が続くデフレに突入するなど、日本経済の転換点となった。物価を抑える需要不足の状態は今なお.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録