開始から20年、機能不全に DV救済へ「制度改善を」

 保護命令のイメージ
 保護命令のイメージ
ドメスティックバイオレンス(DV)防止法に基づき、裁判所が加害者に出す保護命令が減少の一途をたどり、約20年前に始まった制度は機能不全の様相を呈している。活用促進に取り組む自治体もあるが、実効性の乏しさから別の救済手段を模索する動きも。被害.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録