DV保護命令、減少続く 活用に地域差、支援届かず/コロナ禍で相談急増も

 都道府県別の主な保護命令件数
 都道府県別の主な保護命令件数
新型コロナウイルス禍でドメスティックバイオレンス(DV)の相談が増える中、加害者に被害者への接近などを禁じる裁判所の「保護命令」が減り続けている。都道府県別では人口当たりの発令数が大きく異なり、活用の地域差も顕著だ。制度が使いづらく、必要な.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録