養鶏場の鳥インフル3例目 香川、3万4千羽殺処分

香川県は23日、同県観音寺市の養鶏場で22日に見つかった高病原性鳥インフルエンザ疑いの事例について、遺伝子検査の結果、陽性が確認されたと明らかにした。県内の養鶏場での感染確認は今季3例目で、いずれも観音寺市内。県はこの養鶏場の管理者が出入り.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録