法人格剝奪で弱体化期待 解散命令実現も存続可能/旧統一教会

 解散命令で予想される宗教法人への主な影響
 解散命令で予想される宗教法人への主な影響
高額献金などが問題化している世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に対し、永岡桂子文部科学相が22日、質問権を行使する調査に着手した。その先に見据えるのは裁判所が解散を命じることによる宗教法人格の剝奪。教団が弱体化して被害減少につながるとの期待.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録