防護区域への撮影機器持ち込み 検査指摘事項に該当/規制庁

原子力規制庁は22日、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)の核物質防護区域への撮影機器の持ち込みに関し、規制要求を満たしておらず、検査指摘事項に該当すると発表した。一方、影響は限定的かつ極めて小さいとして重要度、深刻度ともに一番低.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録