基本構想の素案提示 新施設の規模盛り込む 八戸清掃工場整備

老朽化が進む八戸市の清掃工場や最終処分場の整備方針を検討する、八戸地域広域市町村圏事務組合の一般廃棄物処理施設整備方針検討委員会(委員長・田中哲八戸学院大学長補佐)は22日、新たな処理施設の規模などを盛り込んだ施設整備基本構想の素案を示した.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録