【サッカーW杯】屋台骨2人輩出、誇る長崎 指揮官と主将、23日初陣へ

 エクアドルとの親善試合で、日本代表の森保一監督から指示を受ける吉田麻也=9月、デュッセルドルフ(共同)
 エクアドルとの親善試合で、日本代表の森保一監督から指示を受ける吉田麻也=9月、デュッセルドルフ(共同)
サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で、ドイツとの初戦を23日に迎える日本代表の森保一監督(54)と主将の吉田麻也(34)は、いずれも長崎市で育った。サムライブルーの屋台骨を輩出した地元のゆかりの人たちは「誇らしい」「強豪との真剣勝.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録