【ウクライナ侵攻】捕虜や不明者と家族つなぐ 赤十字、イラク以来の態勢

 身内の安否を懸念するメールの問い合わせに対応するイナ・イアシェンコさん=9日、スイス西部ジュネーブ(共同)
 身内の安否を懸念するメールの問い合わせに対応するイナ・イアシェンコさん=9日、スイス西部ジュネーブ(共同)
ロシアのウクライナ侵攻で、両国の軍人が捕虜となるだけでなく、民間人も行方不明になる事例が多発している。紛争時に中立の立場で、捕虜らの消息確認を行っているのが赤十字国際委員会(ICRC)の中央追跡調査局(CTA)。2003年のイラク戦争以来の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録