【横浜町の鳥インフル】3万9千羽を殺処分

ブロイラーの殺処分の作業を進める青森県職員ら=20日、横浜町(県提供)
ブロイラーの殺処分の作業を進める青森県職員ら=20日、横浜町(県提供)
横浜町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生したことを受け、青森県などによるブロイラー(肉用鶏)の殺処分や埋却作業が21日も続いた。県によると、同日昼ごろまでに発生養鶏場などで飼育する約13万羽のうち、約3万9千羽を殺処分した。順調に進め.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録