新生児医療ゲームで知って 母子支える心構え疑似体験 医師作成、支援の連携訴え

 信州大付属病院の三代沢幸秀医師が作成したゲーム「はじめてのNICU」の画面
 信州大付属病院の三代沢幸秀医師が作成したゲーム「はじめてのNICU」の画面
医療だけではどうしようもないことがある―。貧困などで子育てが難しい妊婦や医療的ケア児の支援に取り組む医師が、新生児集中治療室(NICU)を題材にしたゲームを作成し、インターネット上で無料公開した。伝えたいのは、行政や福祉、保育などの専門家が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録