カタール、中東初で存在感 人権で逆風、運営不安視も/サッカーW杯開幕

 W杯開幕当日を迎え、多国籍のファンでにぎわうドーハの観光名所「スーク・ワキーフ」=20日(共同)
 W杯開幕当日を迎え、多国籍のファンでにぎわうドーハの観光名所「スーク・ワキーフ」=20日(共同)
中東やイスラム圏で初のサッカー・ワールドカップ(W杯)開催で、カタールは国際社会での存在感を高めたい意向だ。しかし20日の開幕前から、人権問題を巡って欧米メディアなどの批判が集中。大勢の観客の受け入れや輸送も不安視されている。約1カ月間の大.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録